F1 ニュース&コラム Passion

2014年のシート争い 可夢偉の名前は?

今年もシーズン終盤近くになって、来年のシート争いが激しくなってきた。 昨年同様、持参金の額が影響するが、今年は更に一桁掛け金の相場が上がっている。 残念ながら可夢偉の名前はどこにもない。つまり今の状況はシート獲得競争にすら加われていないのである。全ての鍵は、ロータスとヒュルケンベルグが握っている。彼らの契約がまとまらないと、他のチームとドライバーが動けない。 中位以下のチームはドライバーの実力と金額を天秤にかけて、来年のドライバーを決める。その為、より優位にあるチームとドライバーが決まらないと、他も決まらない。 もう一人鍵を握るのがマルドナド。桁違いの金額をチームにもたらすだけに、彼の移籍はチームの存続をも揺るがす事態になる。 ◎契約済み〇契約濃厚△交渉中 レッドブル◎ベッテル ◎リカルド メルセデス◎ハミルトン ◎ロズベルグ フェラーリ◎アロンソ ◎ライコネン ロータス〇グロージャン △ヒュルケンベルグ、マッサ、マルドナド、バルセッキ ロータスが資金調達に成功すれば、ヒュルケンベルグが当確そうでなければ資金力に勝るマルドナドが有力 マクラーレン〇バトン△ヒュルケンベルグ、ペレス、ディ・レスタ TELMEXの支援を失ったペレスのシートは微妙その場合、ロータスとの交渉次第ではヒュルケンベルグも可能性もあるバトンは2014年のシートは問題ないが、2015年以降の契約を巡り交渉中 フォースインディア○スーティル△ディ・レスタ スーティルは残留を前提に話が進んでいるディ・レスタに関してはチームはオプションを行使しておらず、移籍も検討中 ザウバー△グチエレス、マッサ、シロトキン、ペトロフ ここにきてペトロフが40億円のスポンサーを引き連れて、シート争いに参加ロシアマネーが投入されても台所は火の車で、もう一人のドライバーは持参金の額と実力を天秤にかけて決める。グチエレスはTELMEXの支援次第 ウィリアムズ△マルドナド、ボッタス、マッサ マルドナドがロータスへ移籍すれば、マッサの可能性も。ただマルドナドが移籍するとボッタスの起用は難しくなる トロ・ロッソ◎ベルニュ ◎クビアト ケータハム△ピック、バン・デル・ガルデ、コバライネン コンストラクターズ10位が確保できれば、コバライネンの起用が有力その場合、チームメイトはピックが有力 マルシア◎ビアンキ△チルトン、マグヌッセン 関連記事:小林可夢偉 2014年のシート獲得は困難

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください