F1 ニュース&コラム Passion

トヨタ 11月8日に重大発表

トヨタが2010年に関する発表を11月8日にする予定であることが判明した。 それまでは11月15日の取締役会で来年度の予算を承認すると思われていたが、早めの発表は、悪いニュースである可能性が高い。 トヨタは2010年3月決算でも5500億円の損失が見込まれており、F1に活動にかかる500億円以上の支出を正当化できなくなる可能性がある。 トヨタは2010年度以降もF1に参戦する為のコンコルド協定にサインしているが、どんな契約でも解約条項は存在する。 恐らく数百億円の違約金を支払うことになるが、それでもF1活動を続けるより支出が少なければ、トヨタは撤退を選択するだろう。 日曜日に発表することも、懸念される。 日曜日に発表するということは、株価への影響を限定させたいたとの思惑があるのだろう。 もし継続して参戦するのであれば、わざわざ日曜日を選んで発表する意味がない。 トヨタの2010年活動予定は11月8日まで待たなければならないが、もし撤退を選択したとしたら、小林可夢偉にとっては悪いニュースとなる。 ツゥルーリとグロックがトヨタを離れることが確実な今、ブラジルとアブダビで活躍した可夢偉は、来年のシートに一番近いと見られている。 可夢偉の活躍は他チームにも強い印象を与えていると思われるが、上位チームのシートがほぼ決まりつつあるこのタイミングで、ドライバーズ・マーケットに出されてもシートを確保することは難しい。 かといってお金を払ってリザーブ・ドライバーの座を獲得する資金力は可夢偉にはない。 このままいくと、2010年のF1から日本のチームもドライバーも存在しない可能性が高くなってきた。 はたしてどうなるのか、11月8日のトヨタの発表を待ちたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください