F1 ニュース&コラム Passion

第2次バーレーンテスト1日目 ペレスがトップタイム

フォースインディアのセルジオ ペレスがプレーシーズン最後のテスト初日にベストタイムを記録した。   ペレスは1分35秒290のタイムを出した。これは先週のニコ・ロズベルグが記録したタイムより約2秒遅い。初日の時点ではまだ軽い状態でのパフォーマンス走行をするチームが少なかったことを意味する。 2位はウィリアムズのボッタスがマークした。彼はなんと128周を走行し、これは2レース以上分の走行距離である。ウィリアムズは信頼性の問題を抱えてはいない。 午前中に技術的な問題を抱えていたフェラーリのキミ・ライコネンは、それを挽回して三番手タイムとなった。ただ彼はテスト終了直前にコース上で立ち往生した。 レッドブルのリカルドはベストをタイムを更新することはできたが、午後は大半の時間をガレージ内で過ごした。彼はトップより2.6秒落ちのタイムを出したので、これはスピードという観点では大きな前進である。ただし周回数はわずかに39周であり、信頼性の問題を解決するには至っていない。 他のルノー勢は小林可夢偉がテストの早い段階でコース上にストップ。修理に時間を費やした後にコースに顔を出したが、19周を走行するにとどまった。 マルドナドはソフトウェアを変更した後に、コースに出たが止まってしまい赤旗を出してしまった。 第2次バーレーンテスト第1日目結果 Driver Car Best time Laps Difference 1 Sergio Perez Force India 1’35.290 105 2 Valtteri Bottas Williams 1’36.184 128 0.894 3 Kimi Raikkonen Ferrari 1’36.432 54 1.142 4 Nico Rosberg Mercedes 1’36.624 89 1.334 5 Adrian Sutil Sauber 1’37.700 89 2.410 6 Kevin Magnussen McLaren 1’37.825 109 2.535 7 Daniel Ricciardo Red Bull 1’37.908 39 2.618 8 Max Chilton Marussia 1’38.610 44 3.320 9 Daniil Kvyat Toro Rosso 1’39.242 56 3.952 10 Pastor Maldonado Lotus 1’40.599 31 5.309 11 Kamui Kobayashi Caterham 1’42.285 19 6.995

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください