F1 ニュース&コラム Passion

ピレリ 2014年のタイヤは安定している

ピレリのポール・ヘンベリーはタイヤは昨年とは違い安定していると述べた。   2014年のタイヤは昨年ほど評判を落とさないだろうと述べた。 「新しいタイヤはコンタクトパッチが拡大し、大きなトルクを受け止めることができる。動作可能な温度領域も広がり、タレも少ない」とヘンベリーは話した。 「まだ初期段階だが、今のところ新しいコンパウンドと構造を持つタイヤの性能と耐久性を注意深く見ている」 ヘンベリーはチームは最後のテストでもっとタイヤテストに集中するだろうと予想している。 「最後のバーレーンテストではヘレスや前回のバーレーンテストよりも、タイヤテストをする姿が見られるだろう。チームは開幕戦に向けて、予選と決勝のシミュレーションに挑戦する。これにより最後のバーレーンテストではタイヤの使い方を学ぶことができる」 またヘンベリーはバーレーンテストでのラップタイムだけ見ると、より少ない排気量と新しい規則の下で、すでに2013年のパフォーマンスレベルに近づいていると話した。 最初のバーレーンテストでの最速タイムはメルセデスのニコ・ロズベルグだが、彼のタイムは昨年予選と比べて1秒ほどしか遅くなかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください