F1 ニュース&コラム Passion

2014 Rd.1 オーストラリアGP FP2 メルセデスが1-2

2014年の開幕戦であるオーストラリアGPのフリー走行2回目FP2が開催され、メルセデスのハミルトンが1位、ロズベルグが2位と上位を独占した。 ハミルトンは午前中のFP1をトラブルで走ることができなかったが、FP2ではテストの好調を裏付ける走りを見せた。ハミルトンとロズベルグとの差は0.15秒で僅差である。この2人だけが1分29秒台に入れている。 FP1でトップだったフェラーリのアロンソは3位。ハミルトンに対して0.5秒差となった。 4位にはレッドブルのベッテルがつけた。タイム差はトップと0.7秒差あるが41周を走りきり、このセッションで最も走行距離を伸ばした。彼らはテストで頻発していたトラブルに対応ができていることを証明した。 セッション終了間際にグロージャンとヒュルケンベルグがコーナー入口でスピンして走行を終えている。2人ともブレーキング時に姿勢を乱しているので、これは今年から導入されたブレーキバイワイヤーのコントロールがうまくいかなかった可能性が高い。グロージャンはマシンを止めた後、ブレーキがおかしかったと無線で報告している。 可夢偉は午後、全く走行ができなかった。彼はセッション開始時に既にレーシングスーツを脱いでいた。可夢偉は午前中に発生した燃料系の問題が修復できず、エリクソンはアウトラップで油圧系が故障した。   Pos ドライバー チーム タイム 周回数 1 L.ハミルトン メルセデス 1’29.625 37 2 N.ロズベルグ メルセデス 1’29.782 31 3 F.アロンソ フェラーリ 1’30.132 28 4 S.ベッテル レッドブル 1’30.381 41 5 J.バトン マクラーレン 1’30.510     33 6 D.リカルド レッドブル 1’30.538     38 7 K.ライコネン フェラーリ 1’30.898     32 8 V.ボッタス ウィリアムズ 1’30.920 38 9 K.マグヌッセン マクラーレン 1’31.031 34 10 N.ヒュルケンベルグ フォースインディア 1’31.054     33 11 J.E.ベルニュ トロロッソ 1’31.060 35 12 F.マッサ ウィリアムズ 1’31.119 31 13 S.ペレス フォースインディア 1’31.283 36 14 A.スーティル ザウバー 1’32.355 36 15 E.グチエレス ザウバー 1’32.468 26 16 D.クビアト トロロッソ 1’32.495 38 17 J.ビアンキ マルシア 1’33.486         29 18 R.グロージャン ロータス 1’33.646 12 19 M.チルトン マルシア 1’34.757 29 20 M.エリクソン ケータハム No Time 1 21 小林可夢偉 ケータハム No Time 022 P.マルドナド ロータス No Time 0 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください