F1 ニュース&コラム Passion

ロズベルグ タイヤのタレが大きくて驚いた

好調を維持するメルセデスのニコ・ロズベルグが金曜日の走行でタイヤのタレが予想以上に厳しく、驚いたと述べた。 実際にこの写真を見るとタイヤ表面に痛んだ部分が見える。 ピレリはマレーシアGPに最も固い二種類のタイヤを持ち込んだ。これは高温と高速コーナーと大きなトルクへ対応する為である。今年のタイヤは昨年よりさらに一段固くなっている。 だが金曜日の高温のため、何人かのドライバーはロングランでタイヤの寿命に悩まされた。 「今日はコンディションが難しい中、まずまずの日だった」とロズベルグが述べた。 「今日は本当に暑い日で、マシンには厳しく、タイヤに厳しかった」 「こんなにタイヤがたれるとは思っても見なかった。すごくタイヤがたれるんだ。これは大きな課題になる」 ロズベルグは日曜日には異なる作戦が見られると予想している。「何でもありだ」 しかしながら、ロズベルグは燃料制限100Kg はそれほど懸念していない。 「今年は燃料制限100Kg はそれほど問題にはならない。特にこのサーキットではね。ここは燃費には厳しくない」 「だから燃料は昨年ほど問題ではない。タイヤに集中して、ロングランできるようにしなければならない」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください