F1 ニュース&コラム Passion

2014 Rd.2 マレーシアGP観戦記1 メルセデスが他を圧倒

メルセデスの強さは今回も際立っていた。予選こそ1位と3位だったが、決勝では見事に1-2フィニッシュ。特にハミルトンは実力の全ての出し切ることなく勝った。 ただ彼らが前回と違い少しだけ実力の一端を見せたのが、ファステストラップ。オーストラリアGPでのロズベルグの自身のファステストラップはレースの19周目。最速タイムは燃料の軽くなったレースの終盤に記録するのが普通である。だから開幕戦のロズベルグはスタート直後とセーフティカー直後以外はコントロールしてドライブした。 ハミルトンもレース全体をうまくコントロールできていた。ただ最後に燃料も問題なかったので最後に少し本気で走ったら、1分43秒066を記録した。これは2位のロズベルグに0.9秒差である。3位のアロンソとの差は1秒。4位のベッテルとは1.2秒。 もう一人のロズベルグはタイヤのタレに悩まされていた。その為、レースではペースが伸び悩んだ場面もあり、ハミルトンとは勝負できるほどのペースがなかった。 関連記事:ロズベルグ タイヤのタレが大きくて驚いた この1秒以上の差が現時点でのメルセデスと他のチームとの差である。ただプレシーズンテストの内容ほどの差はないし、差は詰まってきていると見られる場面もあった。 彼らを追う、その筆頭が4年連続チャンピオンのレッドブルである。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください