F1 ニュース&コラム Passion

2014 Rd.2 マレーシアGP観戦記2 侮れないレッドブル

開幕戦での失格にはなったが2位のリカルドに続き、今回もベッテルが3位表彰台。さすがはレッドブルである。 プレシーズンテスト終了直後に、この2戦の結果を予想できていたという人はいない。 パワーユニット自体はまだまだメルセデスに劣るのは否めない。レッドブルは80馬力足りないと嘆いている。だが80馬力も不足していて3位というのもまたすごい。彼らはコーナーでその差を詰めている。予選でもメルセデス二台の間にマシンを滑り込ませたベッテル。雨に助けられた面があったのは間違いないが、それでも遅いマシンではこの結果は望めない。 さらにレース中盤ではロズベルグについて行ける場面もあり、確実に差は縮まっていると感じさせてた。 実は不思議なことだが差が大きいほど、その差を詰めるのは難しくない。差が大きいと言うことは、根本的に間違っているということで、その原因さえわかれば対策をするのは時間の問題である。そしてかかる時間はかけられるリソースの大きさにかかってくるので、その点でレッドブルには問題がない。   それにリカルドがレース終盤にペナルティなどがあったが、トラブルもなく走れていたのも好材料である。彼らのボディカウル後端の冷却補助用の穴は他と比較して小さい。その状態でこの酷暑のマレーシアをベッテルが完走したことは、すばらしい成果である。このレースで完走できるということは、他のレースでも完走できるポテンシャルがあるということである。それが確認できただけも、レッドブルとルノーにとってマレーシアGPに来た理由がある。 しばらくはメルセデスの支配が続くだろうが、レッドブルは今年も侮れない存在である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください