F1 ニュース&コラム Passion

タイヤウォーマーなしは難しい-ナスリ

バーレーンで開催されたインシーズンテストの2日目にタイヤテストを担当したウィリアムズのナスリは、タイヤウォーマーなしでドライビングするのはとても難しいと述べた。   来年のルールで禁止されるタイヤウォーマーを使用せずに、開発中の来年用のタイヤをドライビングしたナスリは、ドライビングの難しさを訴えた。 来年、タイヤウォーマーが禁止されるので、ピレリは新しい開発用のタイヤを持ち込み、ウィリアムズに装着してテストした。 ナスリはタイヤウォーマーが許されていないGP2シリーズに参戦しているが、2015年用のF1タイヤに熱を入れるのは難しかった。 2015年用のピレリタイヤはまだ開発の初期段階にある。 「タイヤウォーマーなしでF1を走らせるのは、このバーレーンの暑さの中でも難しい」とナスリは話した。 「シルバーストーンやスパなどの低温が心配されるサーキットでは、さらに難しいだろう」 前回、タイヤウォーマーが禁止されようとしたのは2009年であるが、その時はドライバーから、タイヤが温まりにくく、グリップがない状態でのドライビングは危険であるとの反対から、失敗している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください