F1 ニュース&コラム Passion

メルセデス 速さの秘密はターボにあり?

メルセデスがダブルディフューザー並の隠し技を使って圧倒的な速さを実現しているとの噂がある。それは本当なのだろうか? 確かに今のメルセデスの速さは普通ではない。ルールで厳しく管理された最新のF1マシンで1周2秒以上の大差はつけられないので、何らかの秘密があると考えるのは当然である。 噂になっているのはターボの部分である。メルセデスのターボはタービンとコンプレッサーの部分がエンジンの前後に分割されているというのである。ターボは高速で排出される排気ガスをタービンに当てて、タービンと同軸で回るコンプレッサーが高速で回転し、空気を圧縮してエンジンに送り込みパワーを生み出す仕組みになっている。 赤い部分に排気ガスが吹き出されて内部の羽が回り、軸で接続されている青部分の羽を回し、外気を高速でシリンダーに送り込むことにより高いパワーを生み出す。 その為、写真のようにターボの構造はタービンとコンプレッサーが隣接するのが通常である。 右下にあるカタツムリみたいなのがターボである。メルセデスはこの二つあるカタツムリの一つをエンジンの前側、この写真だと左上側に移動して、間をシャフトで接続している。この写真はルノーが提供している。 報道によるとメルセデスはタービンとコンプレッサーをエンジンの前後に分けていると報じられている。この場合のメリットとしては重たいモーターをマシンの中心部分に置くことにより、マシンの向きを変えやすくなるというメリットはある。現在のターボにはMGU-H用のモーターがついている。また大きなパーツを前後に分けることでパッケージングを効率化できて、空力にいい影響を与えられる。 だがこれだで2秒の差が生まれるかというと疑問である。ダブルディフューザーは直接リアのダウンフォースを増大させることができた。だからこそそれに最適化したブラウンGPはシーズンの前半に圧倒的な速さと強さを見せることができた。 だがターボを前後に分割しただけで、2秒もの差が生まれるとは考えにくい。メルセデスの速さの半分は彼らのパワーユニットから来ていて、残りの半分はマシンから来ていると考えたい。 関連記事:メルセデス 驚異の速さ 関連記事:なぜメルセデスは速いのか?セクタータイムから見る理由 だから彼らの速さの秘密はこのターボ以外にもあると考えた方がいい。ただ現時点ではそれが何なのかはわからない。また詳細がわかり次第、お伝えしていきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください