F1 ニュース&コラム Passion

中島一貴 ブラジルGPでF1デビュー決定

テストドライバーを務めるウィリアムズから、中島一貴がブラジルでF1デビューを果たす。 レギュラードライバーのブルツが引退を表明したために、彼にチャンスがめぐってきた。 ただ、私はこの時期にF1に乗ることが、彼にとって良いことなのか判断しかねる。 それは、初めて走るサーキットで初めてF1レースを走るのは、デビューするドライバーにとっては、かなり厳しい条件であるからだ。 しかも、珍しい反時計回りのサーキットである。 インテルラゴスは、天候も安定しないし、路面もバンピーで、ミスもしやすい。 ただでさえ、難しいF1デビューレースを、このような条件で迎える、彼のことを考えると心配である。 これは、ブラジルGPだけの契約であるが当然、来シーズンのドライバー候補の一人としての起用であることは間違いない。 となると、うまくいけば来年の契約となるし、無様なレースを見せれば、可能性はなくなる。 いきなり入賞を狙うのも厳しいだろうが、少なくとも安定した走りを見せることが第一条件となる。 そして、Q2への進出が次のハードルだろう。 そして、10位以内でレースを終えればハッピーとなる 困難な彼のチャレンジが成功することを祈ろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください