F1 ニュース&コラム Passion

アロンソ 2010年にフェラーリ入りか!?

モナコのパドックでは、アロンソの契約の話で持ちきりであった。 というのもアロンソが2010年にフェラーリへ移籍する契約にサインしたというのだ。 2010年といえば再来年の話であり、気の早い話だと思われるかもしれないが、最近の移籍市場は動き出しが早くなっている。 アロンソがマクラーレンと契約したのは2005年だし、ライコネンも2007年からフェラーリをドライブしたが、契約したのは2005年だった。 ライコネンの場合、フェラーリ入りが正式に発表される1年以上前から契約が噂されていた。 このように、トップドライバーの契約時期は年々早まっており、以前はストーブリーグなどと言っていたが、今ではプールリーグなどという言葉も現れてきている。 そのような状況なので、現時点でアロンソがフェラーリと契約してもおかしくはない。 ルノーとの契約は2年契約と言われており、またパフォーマンス条項が盛り込まれておりルノーがコンストラクターズ・チャンピオンシップで4位以下の場合、アロンソは一方的に契約を解除することができると思われる。 この噂が事実だとすると、誰がチームメイトになるのだろう。 マッサとフェラーリは2010年末まで有効な契約を持っている。 ライコネンは2009年までが契約期間と見られている。 となるとライコネンが2009年末で引退すればマッサと組むか、ライコネンが続投すればマッサとの契約を解除する可能性が高い。 ライコネンはチームメイトを選ばないので、可能性としてはある。 だが、実際にライコネンとアロンソの組み合わせはどうなのだろう。 そう考えるとライコネンは2009年で引退することを考えていて、フェラーリが先手を打ってアロンソを抑えたと考えればわかりやすい。 はたしてどうなるのか、興味は尽きない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください