F1 ニュース&コラム Passion

佐藤琢磨 シート獲得ならず

最後まで残っていたトロ・ロッソのシートが埋まった。 結局、昨シーズントロ・ロッソで走ったブルデーが今年も走ることになった。 レッドブルからの資金提供が絞られる中、持参金の額が重要な要素になると伝えられていた。 日本の経済状況も厳しい中、佐藤琢磨のパーソナル・スポンサーからの金額では不足だったのだろう。 だからといって怒っても仕方がない。 昔から弱小チームのセカンド・ドライバーは持参金の額で決まることが多い。 最近は、ワークスチームや富豪が所有するチームが多かったので、そういう現象が少なかっただけである。 これが、F1の現実である。 だからこそ、鈴木亜久里はチームを立ち上げて、日本人が乗ることができるシートを二つ確保しようとした。 だが、彼の望みは昨年絶たれた。 これで、佐藤琢磨が今シーズン、F1に乗れないことだけははっきりした。 今年は、シーズン中のテストが原則禁止されるだけに、テスト・ドライバーとして残ることも難しいだろう。 例えテスト・ドライバーとして契約したとしても、やれることはほとんどない。 かといって他のカテゴリーのトップレベルのシートはほぼ埋まっている。 F1の場合、一度離れてしまうと、なかなか戻ってくるのは難しい。 だから、F1にこだわるのであれば、チャンスは少なくてもテスト・ドライバーの道を歩むしかないだろう。 全てのドライバーが怪我がなく、1年間健康で過ごせるわけではない。 少ない可能性であるが、それにかけるしかないだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください