F1 ニュース&コラム Passion

マルドナドがロータス移籍を画策

マルドナドがウィリアムズと解約の交渉中であると報じられている。ウィリアムズはベネズエラの石油会社PDVSAと2015年まで契約があると伝えられている。今年のウィリアムズの競争力のなさにマルドナドが嫌気をさして、ロータスへの移籍を試みているようだ。 ただもしこれが事実だとすると、ロータスがすぐにでも発表すると伝えられていた投資会社との交渉が不調に終わっていると考えざるを得ない。もしマルドナドが首尾良くウィリアムズとの契約を解除できたとして、もしロータスが投資会社からの投資を受け入れてヒュルケンベルグと契約した場合、彼は競争力のあるシートを失い、残された選択肢はケータハムかマルシアしかなくなる。 そこまでのリスクを冒してウィリアムズとの契約を解除しようとしているのであれば、彼とロータスの交渉は進んでいると考えざるを得ない。そしてそれは逆に言うとロータスと投資会社との交渉が不調である証拠でもある。 実際、先週には発表があると言われていたロータスと投資会社との契約締結の発表はいまだされていない。 もっともウィリアムズはPDVSAが支払う30億とも40億円とも言われるお金を易々と失うわけにはいかない。 もしウィリアムズがこれを失うと彼らは来年、F1に参戦するのが難しくなるか、リストラが避けられない。 マルドナドがウィリアムを離れた場合、マッサが契約するとも言われているが、マルドナドが持ち込むお金はマッサの何倍もあり、マッサと契約しても、ウィリアムズの資金難は解消されない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください