F1 ニュース&コラム Passion

2014年のマシン ダウンフォースは大幅に減少

2014年のF1マシンは大きくダウンフォースが減少していると、マクラーレンのテストドライバー ゲイリー・パフェットが述べている。   「とてもエキサイティングだ。マシンはここ数年とは大きく違う。ダウンフォースレベルが以前より明らかに下がった。過去にFIAはダウンフォースを減らそうと試みてきたが、今年は今までになく成功している。マシンはドライブするのが難しい、特に異なるパワーユニットとターボが作り出すトルクの量がね。ここ数年使えていたエキゾーストブローがなくなり、特に中高速コーナーのドライビングは難しくなっている」 「マシンをドライブするのは確実に難しくなっていて、ドライバーがそれをどう扱うのかはおもしろい」 「ドライビングスタイルをかなり変えなければならないだろう。自分は長い期間シミュレーターを使っているけど、MP4-29(2014年のマシン)から28へ戻すとドライビングスタイルをかなり変えないとダメなんだ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください