F1 ニュース&コラム Passion

ジョン・バトン氏死去

F1ドライバー ジェンソン・バトンの父であり、パドックの常連だったジョン・バトン氏が亡くなった。70歳だった。   ジョン・バトン氏はフランスの自宅で、尋ねてきた友人により遺体で発見された。死因は心臓発作であると見られている。彼は元ラリー・クロスのドライバーであり、勝てない時も息子のジェンソン・バトンを応援し続けた。彼はジェンソンがモータースポーツの階段を上る間、カートエンジンを製作する会社を設立した。 ほぼ毎レース、パドックを訪れておりテレビに映る彼の姿は、いつもの光景であった。彼の姿を見られるなくなるのは、非常に寂しい思いがします。 ご冥福をお祈りします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください