F1 ニュース&コラム Passion

ガスコイン、トヨタ離脱

トヨタのチーフ・デザイナーだったマイク・ガスコインがトヨタを離脱した。 まだ詳細は伝わってこないが、トヨタ内にはガスコインと他の一派間で確執があったことは伝えられていた。 その件は、昨年末に終結したと伝えられていたが、そうではなかったのか。 それとも、今シーズンの不振の責任を取らされての辞任なのか。 ガスコイン自身の評価は難しい。 巨額の契約金をもらいルノーからトヨタへ移籍してきた。 ルノーで活躍し、トヨタを再建する為に来た。 トヨタはF1参戦以来、全く出口の見えない不振に陥っていたが、ガスコインが来て始めて最初から設計に関わった、昨シーズンのマシンは何度も表彰台に上り、一定の成果を上げた。 そういう意味ではガスコインは成果を上げたといっていいだろう。 しかし、ルノーはガスコインが抜けてから力を出してきて、昨年はアロンソとのコンビで初のワールドチャンピオンのタイトルを手にした。 ガスコイン自身はまだチャンピオンのタイトルを取ったマシンを作ったことがない。 もちろんチャンピオンのタイトルはマシンだけではなくドライバーの力も大きいから、それによりガスコインの力がないと判断するのは早計だ。 さてガスコインは次にどこへ行くのか? 現状を見るとニューウィーの抜けたマクレーレンか、ホンダだろう。 一番有力なのはホンダかもしれない。 ガスコインの強烈な個性は、ロン・デニスとは合わないだろう。 ホンダのシャシーは問題を抱えており、新しい力が必要だ。 懸念されるのはトヨタが放出したガスコインをホンダが取るのか。 それが問題だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください