F1 ニュース&コラム Passion

各PUメーカーは開発トークンをどれだけ残すのか?

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`nifty` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

ENERGY-F1_2015_2 (2)-s 今年のパワーユニットが自由に変更できるのは全体の32トークンまでと決められている。これは全パワーユニットパーツの半分弱である。 つまり各PUメーカーは、無条件で約半分のパーツを変更できることになっている。 当初はこの新開発の32トークンはシーズン開幕前に使い切る必要があったのだが、FIAがトークンを使い切る期限を明記しないというミスをしたため、最終的にはシーズンを通じて開発トークンを使用できることになった。 だが当然、開幕前にかなりの数のトークンを使うことになる。なぜならいいパーツがあるのであれば、早い時期に使った方が年間通じては有利であるからだ。 どうしてこの数字が気になるかというと、本来ホンダは新規参入するので2月末でパワーユニットの認証を受けて、今年は開発パーツが投入できないはずだったのだが、FIAに抗議した結果、他の3メーカーが開幕までに使わなかったトークンの平均をホンダが使えると定めたからである。 つまりホンダがシーズン中にどれくらい開発パーツが投入できるのかは、他のメーカーの開発トークンの使用状況次第となった。 ではホンダのライバルである3メーカーは開幕時点で、いくつのトークンを使用するのであろうか? 未確認ではあるがフェラーリは7つ残し、ルノーは6個残すという情報がある。そしてメルセデスはゼロである。彼らは開幕時点で開発トークンを全て使い切る予定である。 もしこれが事実ならホンダはシーズン中に4トークンを使用できることになる。この4トークンが多いか少ないかは判断が分かれるが、そもそもホンダはシーズン中に新しいパーツを使用できなかったと考えれば上出来の数字である。