F1 ニュース&コラム Passion

マクラーレン ホンダに我慢の限界?

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`nifty` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

_X0W4321 マクラーレンが自分達のリソースをホンダに提供すると申し出ていると報道されている。これはどういう意味なのだろうか? ホンダは今年、ブランクを経てF1にカムバックした。その間、ホンダにはF1の経験がない。ホンダがF1を撤退したのはKERSが導入される前の年である。 つまりホンダはKERSの経験がない。もちろん彼らは当初、参戦継続を前提に開発していたので、KERSは開発していた。だが実践に投入した経験はない。 またマクラーレンは昨年、メルセデスのPUを使用していたが、一部彼ら独自のソフトウェアを使用していた。 マクラーレンにはKERSの経験もあるし、昨年の経験もある。ホンダにそれを提供すれば、開発が早くなると考えるのは当然である。 だがホンダはそれに抵抗しているようである。それはホンダ独自の哲学である、どんなに困難でも自分達のやり方で解決したいからである。 関連記事:マクラーレン・ホンダの成績が急上昇しない理由 ホンダは成功するにしても、失敗するにしても、自分達のやり方でやりたいと望んでいる。失敗したとしても、そこから学ぶべきものは多くあるからである。 だがF1には時間がない。2週間に一度、レースがある。そのレースで結果を残さなければならない。 レースの結果はコンストラクターズ選手権の順位に直結している。そこで上位に入らなければ分配金の収入が減る。現在、大きなスポンサーがないマクラーレンにとって、この分配金収入は必要不可欠な資金源になっている。 関連記事:マクラーレンがタイトルスポンサーなしでも困らない理由 だからマクラーレンとしては焦っている。彼らも一年目から優勝できるとは思っていなかっただろうが、ここまで酷いとも思っていなかったはずだ。 マクラーレンが支援を申し出たことは、彼らの忍耐が限度まで来ていることの表れかもしれない。 それでもホンダは我が道を行くのか。そこが注目である。