F1 ニュース&コラム Passion

マクラーレンはメルセデスの次に速い

マクラーレンのエリック・ブーリエはマクラーレンはメルセデスの次に速いと述べた。 マクラーレンのレーシング・ディレクターであるブーリエは、バーレーンで表彰台も可能だったと述べたバトンの見解を支持した。 「もう少しで抜けたんだ。フォースインディアより上位でフィニッシュすることは可能だった」とブーリエは語った。 「我々はメルセデスの次に速く、メルセデス以外では一番速い」 バトンとマグヌッセンはバーレーンGPをクラッチトラブルでリタイヤした。 ブーリエはバーレーンGPでのメルセデスのアドバンテージが2秒近くもあることに疑問を示している。彼はメルセデスとの差はサーキットにより異なると予想している。 「モナコはとても興味深いサンプルだ。モナコはハイダウンフォース仕様だし、扱いやすくバランスのいいマシンが求められる」 しかしブーリエはマクラーレンMP4-29は高速サーキットの方が得意であると認めた。 「モンツァのようなロウダウンフォースのサーキットはまた別の話だ。サーキットによって順位は変わってくる」 マクラーレンのシミュレーション技術はF1の中でも最も優れている。ブーリエやバトンがマクラーレンはメルセデスの次に速いと話しているのは、シミュレーションの数字を根拠にしていると思われる。だから彼らの自信は本当であると考えられるが、常にシミュレーション通りにいかないのもレースである。 ある時は雨が降り、ある時はセーフティカーが登場し、ある時は遅いマシンに邪魔されることもある。速い時にいかに結果に結びつけるかは、常に重要な課題である。 その為には金曜日から空力の評価をして、タイヤの寿命を計算し、土曜日は予選のシミュレーションをして、レースでは作戦を確実に実行しなければならない。 マシンだけが速くても勝てないのが、F1である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください