F1 ニュース&コラム Passion

マクラーレン ステアリングの秘密

最近、マクラーレンは通常の2個ではなく4個のパドルのついたハンドルを使用している。 上のレバーは通常のシフトアップとダウンをするときに使い、追加された二つのレバーはドライバーがエンジンマップを、ギアチェンジとは無関係に選ぶことができる。 今年から導入されたスタンダードECUは異なるコンディションやスピードにマッチした、異なるエンジンマップを用意することができる。 このマクラーレンの新しいシステムは、ドライバーがギアチェンジをする時に、同時にエンジンマップも変更することができる。 これにより、マクラーレンのドライバー達は、低速ではトルクの発生を滑らかにするエンジンマップを選択し、高速領域ではパワー重視のマップを選択できる。 結果的に、トラクションコントロールのような効果を得ることができると考えられる。 この新兵器、今のレギュレーションでは、エンジンマップはドライバーのみが変更できると示されているので、まったく問題はない。 FIAもこの方法を合法であると認めたので、今後はフェラーリなども早急に導入してくると思われる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください