F1 ニュース&コラム Passion

メルセデス W05を発表

メルセデスAMGが2014年のマシンであるW05を発表した。 ノーズは比較的まともで、まずは一安心である。さすがにフォースインディアのノーズは刺激が強すぎた。 彼らのレギュレーション解釈は、フェラーリに近い。全体的にノーズの高さを下げている。特徴的なのはフロントに着いたダンボウィング。ただこれは直接的にダウンフォースを得るよりも、整流効果を狙ったパーツに見える。車載カメラがここに搭載されるのであろう。 サイドポッドはさほど大きくはなっていないように見える。サイドポッド下の絞り込み部分はとても重要なのだが、今年は冷却容量の関係で、大きく膨らむ傾向があったので、かなり攻撃的なデザインである。もっともこれが暑いバーレーンテストでも同様のデザインかどうかは不明である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください