F1 ニュース&コラム Passion

フォースインディア VJM07を公開

フォースインディアが2014年の新車 VJM07を公開した。   ご覧のように、フロントのアリクイ部分が更に大きくなってつきだしている。これはなんと形容していいのか、わからない。 後に発表になればなるほど、ひどいデザインになっていくので、いつもは楽しいはずの新車発表がつらい。 フォースインディアは通常のノーズの位置を高くして、空気をマシンの下面に取り込もうとしている。その分、突起部分が長くなり、衝突時の衝撃吸収をするためにノーズを長くして対応している。 これはひとつのレギュレーション解釈であるが、ただ美的感覚からはほど遠い。だが速ければかっこよく見られるのもまたF1。見ているうちに慣れてくるのもまたF1。だがこれを見慣れる日が来るのであろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください