F1 ニュース&コラム Passion

ミハエル フェラーリ残留

先日、ミハエル・シューマッハーがルノー移籍の可能性があることをお伝えしたが、どうやらフェラーリ残留を決めたようだ。 これによりミハエル・シューマッハーは2007年シーズンも現役続行する。 そうなると問題はフェラーリのもう一人のドライバーとなる。 ライコネンがフェラーリの条件付き契約書にすでにサインしたとの噂もある。 その条件とはミハエル・シューマッハーがライコネンがチームメイトになるのを拒否した場合、契約が無効になる条件だと言うのだ。 しかしながら、この条件をライコネン側がのむことは考えづらいので、ライコネンはまだフェラーリを契約していない可能性が高い。 ライコネンとしてはミハエルとチームメイトになることに問題はないだろう。 ただ、ライコネンとミハエル・シューマッハーが同じチームにいる場合、かなりの確立で確執が生まれる可能性が高い。 速いドライバーが同じチームにいる場合、どちらか遅い方が必ずチームを批判し、問題を起こし去っていく。 ライコネンはマクラーレンからニューウェイ、トンバジス等の主要スタッフが抜けた影響を見極めてから、去就を決める意向のようだ。 だが彼らが抜けた影響が現れるのは2007年シーズン。 契約前の今年前半にそれを見抜くのは至難の業だろう。 どちらにせよ、これでライコネンがフェラーリに行くかどうかは、ミハエル・シューマッハーにかかってきた。 彼がライコネンを受け入れれば、この黄金ペアが実現する可能性が高い。 私はミハエル・シューマッハーはライコネンのフェラーリ入りを拒否すると見ている。 果たしてどうなるのか? 結論は夏場にはでる。

One thought on “ミハエル フェラーリ残留

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください