F1 ニュース&コラム Passion

スーパーアグリF1 SA06投入はドイツGPへ延期

当初、フランスGPから出走すると言われていたスーパーアグリF1のニューマシンSA06の投入が一戦遅れてドイツGPからになることが決定した。 チーフテクニカルオフィサーのマーク・プレストンはSA06をフランスGPに間に合わせようとカナダGPとアメリカGPへ帯同しなかったが、使用を予定していた風洞施設がトラブルで5日間使用できないなどのトラブルもあり、チームは1レース遅らせてのニューマシン投入を決断した。 SA06は既にFIAのクラッシュテストに合格しており、後はマシンを作製し、組み上げるだけ。 事前テストもほとんどできずに、ぶっつけ本番のドイツGPとなりそうだが、どこまでできるか楽しみだ。

One thought on “スーパーアグリF1 SA06投入はドイツGPへ延期

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください