F1 ニュース&コラム Passion

2014年予選 Q3用タイヤを追加支給

F1の予選をよりエキサイティングにするために、今年は予選のフォーマットが変更になる。   予選をよりおもしろくするために、改善案を討議した参加チームは、予選フォーマットを変更することで同意した。 関連記事:予選専用タイヤの復活か? 変更案ではQ3進出ドライバーには、オプション側の予選タイヤが支給され、Q2までに脱落したドライバーにはレース用に追加のタイヤが与えられる。 昨年まではQ3で最速タイムを記録したタイヤでスタートする義務があったが、このルールは廃止され、好きなタイヤでスタートができる模様である。 ただ1セットしかQ3用タイヤが追加されない場合、昨年と同じ状況になることも考えられる。やはりレース用に新品のタイヤを温存しておきたいからである。そうであるならやはり予選用のタイヤを各セッション2セットづつ支給しない限り、予選でのアクションは昨年に比べて大幅に増えることはないだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください