F1 ニュース&コラム Passion

2014 Rd.14 シンガポールGP観戦ガイド レース展望編

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`nifty` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

View-of-the-Singapre-track-by-night 【セーフティカー】 壁に囲まれたサーキットなのでクラッシュが多く、マシンの撤去のためにセーフティカーは毎年登場して、登場確率は脅威の100%である。またSCの周回数(過去平均6.7周)も長いので、SCを考えて作戦が必要となる。5周から6周、セーフティカーが展開するとタイヤ交換を一回減らすことも可能になる。 【天気予報】 気温はいつも高く30度前後を記録し、湿度も高い。これまでの6レース全てで雨の影響を受けている。だが奇跡的に決勝レースは雨に見舞われたことがない。 【レース展望】 オールラウンドな性能を持つメルセデスの2台が優勝を争う。 レッドブルがどこまで迫れるかが、注目点である。 予選とスタートが非常に重要で、ドライバーの集中力が勝負を決める。 レース中の追い越しは困難なので、予選で失敗すると勝利は望めない。 過去の記録はベッテルが過去3年間3連勝しており、アロンソも2勝している。 ハミルトンは1勝しており、昨年もポールポジションだった。 【過去6年間の優勝者】 2008 F・アロンソ<ルノー> 2009 L・ハミルトン<マクラーレン> 2010 F・アロンソ<フェラーリ> 2011 S・ベッテル<レッドブル> 2012 S・ベッテル<レッドブル> 2013 S・ベッテル<レッドブル>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です