F1 ニュース&コラム Passion

2016年シーズンで知りたい10のことーその5 ハースは活躍できるのか

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`nifty` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

Gene Haas Formula One Press Conference 昨年の今頃、レースは18台で争われるかと思われていた。ケータハムが脱落し、マノーも走れないと見られていたからだ。 さらにいうとロータスやザウバーも危機的状況にあり、各チーム三台のエントリーも考えなければならない状況であった。 だがマノーは奇跡的に復活し、ロータスもルノーに買収された。そして今年新しいチームが参入してくる。 アメリカを本拠地にするハースである。最近、参入してきたチームはどのチームも芳しい成績が残せておらず、撤退したチームが多い。 ではハースは今年活躍できるのであろうか? 彼らはフェラーリと協力関係にある。これはとても大きな強みだ。フェラーリの風洞を使い空力のテストを繰り返している。彼らはまだF1にエントリーしていないので、風洞実験の使用時間の制限を受けない。 またハースはPUからギアボックス、サスペンションに至るまでマシン後部をまるごとフェラーリから供給を受ける。これは新しいチームにとってはとても助かる。 ハースはモノコックとフロントサスペンション、フロントウィング周りだけに専念できるからである。これはリソースの限られている新参チームにとって、計り知れないメリットがある。 さらにモノコックはダラーラの協力を受けて作成している。 ドライバーは表彰台経験のあるグロージャンとグチエレスである。これはなかなか期待が持てる。 ハースは今年、何回も得点を稼ぐことが出来るだろう。何回ポイントが取れて、コンストラクターズポイントが何点かは、彼らのレース運びや信頼性にかかってくるので、はっきりとは言えない。 だがハースはザウバーやマノーにとっては手強いライバルになるだろう。マクラーレン・ホンダのライバルにはならないように願っているが、それはマクラーレン・ホンダの出来次第であろう。