F1 ニュース&コラム Passion

2014 Rd.4 中国GP 観戦ガイド マシン編

2014年第4戦 中国GPのマシンのセッティング傾向を紹介する。 【パワーユニット】 全開区間の距離は長いが、1周あたりの全開の比率は低い。これは長い直線区間と低速コーナーが混在している為である。直線スピードの稼げるトップエンドのパワーと立ち上がりのトルクの力強さが欲しいが、両立するのは難しい。 ルノーはこのレース向けて改善してきており、フルパワーを使える見通しである。だが依然としてメルセデスとの差があることも認めている。 パワーユニット負荷(1が最も低く、5が最も厳しい) エンジン 4 MGU-K 3 MGU-H 4 バッテリー 3 燃料消費 3 エネルギー回収 3   最高速:322km/h(DRS ON)、310km/h(DRS OFF) 全開率:55% 【シャシー】 中高速コーナーでは姿勢を保つべく、固い足回りにしたいが路面がバンピーなのでしなやかな足回りにもしたい。その妥協点を見つけるのが難しい。 タイトな曲がりこんだコーナーと中高速のコーナーが配分されているので、基本は高いダウンフォースをつける。長い直線はDRSが使えるので、それを利用する。 また直線への立ち上がりでは、トラクションが求められ、オーバーテイク時の影響が大きい。 フューエルエフェクト:0.34秒/10kg 【ブレーキ】 摩耗レベルは中程度。 長い直線の後でビッグ・ブレーキング・ポイントが三カ所存在するが、直線が長いので冷却面では問題はない。 路面はバンピーであり、特にターン14手前に大きなバンプがあるので、ロックには注意が必要。 ブレーキング率:15% 【DRS】 DRSの使用区間は2カ所あり、最初のDRS検知ポイントはターン12に設置される。起動開始地点はターン13を立ち上がってバックストレートの中間より少し手前である。 2番目のDRS検知ポイントは最終コーナーであるターン16の手前に設置。ターン16の立ち上がりから、DRSを起動できる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください