F1 ニュース&コラム Passion

ミハエル・シューマッハー 引退の真相

ミハエル・シューマッハーが引退の決めたのは昨年の前半である。 彼は昨年の前半、チームに翌年(2006年シーズン終了後)に引退したいことを申し出た。 これには、昨年のチームの不振が大きく関わっていると見られる。 競争力のないマシンをドライブするのであれば、楽しくないし、走っていても意味がないとミハエルは考えた。 ここからのフェラーリの動きが早かった。 以前からジャン・トッドが評価していたライコネンに急接近。 昨年中に仮契約まで持っていってしまった。 そして、むかえた今シーズン。 昨シーズンと違って、見違えるように競争力を回復したフェラーリ。 ミハエル・シューマッハーは再び、ドライブする喜びを回復した。 そして、2007年もドライビングを続けていきたいと思うようになった。 速いマシンと気心の知れたスタッフがフェラーリにいる。 そして何より、ミハエルの力は全く衰えていない。 普通、30才代後半になるとスピードが落ちてくるのが普通である。 ところが、ミハエル・シューマッハーはいまだに最速ドライバーの一人である。 しかも、ミハエルはドライビングを楽しんでいる。 引退する理由がないのだ。 そして、ミハエルは引退を考え直し始めた。 2007年も走り続けたいミハエル。 だが、フェラーリにはフェラーリの都合があった。 例え、ミハエルが2007年もフェラーリで走ったとしても、5年も10年も現役を続けられるものではない。 となれば、仮契約したライコネンを離すことはしたくない。 現役の中でミハエル、アロンソと並ぶライコネンを失うことは、フェラーリにはできないことだ。 ミハエル・シューマッハーはこれまで強力なチームメイトと一緒に走ったことがない。 例外は、ジョニー・ハーバートがチームメイトだった年だけ。 ミハエル・シューマッハーは速いチームメイと一緒になるのが好きでない。 彼はチームの注目を一心に集めていないと、集中できないタイプ。 当然、速いチームメイトが入ってくると、チームの関心は二分される。 ミハエル・シューマッハーは来年、現役を続行する場合、チームメイトにはライコネンではなくマッサを望んだはずだ。 これまで、チームが誰をセカンド・ドライバーにするかについて、ミハエル・シューマッハーには拒否権があった。 だが今回、フェラーリはミハエルの要求を却下し、ライコネンと正式な契約をかわした。 そして、ミハエル・シューマッハーに最後通牒を突きつけた。 2007年もフェラーリで走るなら、チームメイトはライコネンだと。 ライコネンを選んだ、チームを見てミハエルは悟った。 もはやフェラーリ=ミハエル・シューマッハーでないことを。 そして、ミハエルはインディアナポリスで引退することをチーム関係者に話した。 十分な速さもあり、本人もやる気があるにもかかわらず、強いられた引退。 7回のワールドチャンピオンに輝いたドライバーの幕切れにしては、何とも不思議な結末だ。 こんなところから、ミハエルが他のチームで現役復帰するのではないかという噂が出てくるのだ。

One thought on “ミハエル・シューマッハー 引退の真相

  1. フェラーリ Ferrari【フェラーリ Ferrari 専門館】

    エンツォ フェラーリの性能

    フェラーリ Ferrari【フェラーリ Ferrari 専門館】へようこそ♪エンツォ フェラーリは、399台が限定生産され、そのうちの30台が日本で販売された。今のところ、これ以上の台数を生産する予定はなく、新車価格は邦貨換算7,850万円とも言われているが、…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください