F1 ニュース&コラム Passion

ハミルトン 新しいモノコックでUSGPにのぞむ

メルセデスGPはアメリカGPでルイス・ハミルトンに新しいシャシーを与えることを決定した。彼はアブダビGPで調子が悪かった。 アブダビGPで原因不明の不調に陥っていたハミルトンはチームに調査を求めたが、原因が特定できていなかった。さらなる調査を続けたチームは彼のモノコックに二カ所の損傷がある事を発見。 ハミルトンはこの損傷がなければ、アブダビGPで優勝も狙えるペースがあっただけに残念な結果である。 メルセデスのチーム代表ロス・ブラウンは 「ニコと比較すると、アブダビGPでのルイスの結果は期待通りではなかった」と述べた。 「ニコはアブダビGPでいい仕事をした。しかし、ルイスのマシンの挙動が、ニコのマシンとは一致しなかったのは謎だった」 「その後、マシンを詳しく調べたところ、モノコックがひどく破損して深刻な状態だったことがわかった」 「彼が縁石の上を走ったのは把握しているが、ここに来て分解したところ、ダメージはかなり大きかった」 「ルイスは新しいシャシーを使う。全ての疑念を解消したいので、彼は今週末新しいシャシーで走る」 モノコックには大きな損傷が二カ所見つかったが、今週末のレース前に詳細な分解をしているときに初めてわかったと述べた。 ハミルトンは、アブダビGPで何回かトラック外を走行したが、ロス・ブラウンは、そのダメージがいつ発生したかは確認できなかったと述べた。 「どの時点で亀裂が影響を及ぼすようになったかはわからない」  関連記事:アブダビGP観戦記 トラブルに沈んだハミルトン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください