F1 ニュース&コラム Passion

マクラーレンのスポンサー発表が遅れる理由2

マクラーレンはスポンサーシップの権利を外部に販売しようとしている。これはF1のスポンサーシップという面で見れば、新しいやり方である。 もちろん他のスポーツではこのような形態のスポンサーシップは存在する。サッカーなどでは一般的ではないものの、シャツの胸スポンサーの権利を広告代理店が買い取る契約は存在する。 F1で本格的に導入されるのは、これが初めてのケースになる。これが実現すれば、彼らが言うようにマクラーレンのボディにスポンサー名がなくても、お金には困らない。 ただ問題点がないわけでもない。チームのイメージにそぐわないスポンサーがつく可能性がある。これはマクラーレンのようにブランディングを重要視するチームには問題である。当然、契約する際にはスポンサーの条件をつけることになるとは思うが、条件をつければつけるほど広告代理店は、広告主を見つけるのが困難になり、不利な契約になる。 マクラーレンが開幕後、スポンサー契約に数週間かかるというのは、契約金額の部分で開きがあるのを交渉する必要があるからである。 広告代理店から見ると安い金額でマクラーレンと契約した方が利益が出る。マクラーレンは当然、高く売りたい。 そこでマクラーレンは契約を焦ることなく、開幕戦から数週間のレースでの結果を元に、広告代理店と強気の交渉をしたい。 成績がいいのでマクラーレンのスポンサーシップは高く売れると、彼らは言いたいのである。 ロン・デニスはスポンサー関連の事業を手放すことにより、チームはレースにだけ集中できると主張する。 この契約交渉がこれからどうなるのかは、予断を許さないが、F1界にビジネスセンスを持ち込み大成功を収めたロン・デニスらしい発想である。 関連記事:ホンダはマクラーレンに資金提供するのか? 関連記事:マクラーレンの危険な兆候 Part1へもどる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください