F1 ニュース&コラム Passion

佐藤琢磨 2009年はトロ・ロッソ行きか?

佐藤琢磨が2009年にトロ・ロッソに行く可能性があるかもしれない。 先日、フォース・インディアから正式なオファーが琢磨にあったと報じたが最近、オーナーのヴィジャイ・マルヤは今の二人のドライバー(ジャンカルロ・フィジケラとエイドリアン・スーティル)に満足していると語っている。 もちろん、これは琢磨との契約交渉の中の一部であり、駆け引きであるかもしれない。 F1世界の契約交渉とは魑魅魍魎の住む世界であり、何が起こっても不思議ではない。 一方、トロ・ロッソはベッテルが来シーズン、親チームのレッドブルに移籍することが決まっている。 そして、もう一人のドライバー ブルデーは開幕戦での入賞以後、成績を残せていない。 そのため、チームの共同オーナーであるベルガーは、来年のラインアップのうち一人は、ブルーノ・セナやセバスチャン・ブエミなどの若手と、もう一人は経験豊富なチームメイトであると述べている。 さらに佐藤琢磨にとって、日本人であることが有利に働く可能性もある。 レッドブルが日本市場に参入したが、結果は惨憺たるものである。 レッドブルが日本市場での拡販を望むのであれば、佐藤琢磨は理想的なドライバーである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください