F1 ニュース&コラム Passion

バーレーンテストでわかった事1 :メルセデス勢は好調

2度目のテストが終わったが、相変わらずメルセデスパワー勢は好調を維持している。 暑いバーレーンでのテストは新しいパワーユニットに更なる試練を与えた。その中でもメルセデスパワー勢は走行距離を延ばし、全てあわせて1万キロを超える走行距離を記録した。これはライバルの2倍以上である。 この4日間のテストで最速のマシンは全てメルセデスパワー搭載していた。またレース距離のシミュレーションを実施したのはマクラーレンとメルセデスの2チームだけである。 フェラーリも好調を維持しているように見えるが、ワークスチーム以外は走行距離を延ばすことができてなく、万全とまでは言えない。ただフェラーリはマシンのパフォーマンスの追求は最後のバーレーンテストでおこなうことを認めている。 ルノーは相変わらず大小様々なトラブルに見舞われている。開発は継続して進められてはいるが、開幕戦はもう間近で有り、時間が切れになるのは明らかである。ただ単純に走行距離だけを比べるとフェラーリと大幅に違うわけではなく、開発が進んでいるのは間違いがない。 エンジンメーカー別走行距離 Engine Total laps Total distance (km) Mercedes 2022 10,082.064 Ferrari 1000 4,975.104 Renault 770 4,018.656 チーム別走行距離 Team Model Total laps Total distance (km) Mercedes W05 624 3,073.03 McLaren MP4-29 541 2,686.81 Ferrari F14 T 538 2,664.67 Williams FW36 498 2,522.98 Sauber C33 403 2,020.64 Force India VJM07 359 1,799.24 Caterham CT05 329 1,705.76 Toro Rosso STR9 193   991.38 Red Bull RB10 137   720.78 Lotus E22 111   600.73 Marussia MR03 59   289.79

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください